サプリメントで関節痛を緩和する|膝をスムーズに動かすコツ

おじいちゃん

サプリで補う

メディシン

乳酸菌という言葉自体は非常にメディアでも取り上げられていることから、知らない人の方が少ないほど有名になっています。しかしながら、その知名度にもかかわらず、この乳酸菌の働きやそれが含まれている食品についてはそこまで知られていません。それでは、この乳酸菌の働きとはいったいどのようなものかというと、糖類から乳酸菌を作り出す菌のことを意味します。同じような働きをするものとしてビフィズス菌がありますが、これとの混同が多いですが、両者は菌としては全く異なる菌です。それでは、この乳酸菌が含まれる食品にはどのようなものがあるかというと、乳製品や牛乳や漬物などに多く含まれています。和食であれば他にも味噌や醤油にも入っています。

牛乳や乳製品などを食べて身体の中に乳酸菌を取り入れると、胃酸にも負けずに大腸にまで到達します。そこで腸内環境を整えます。これが乳酸菌の主な働きです。大腸には乳酸菌の敵でもある大腸菌を代表とする悪玉菌がたくさんあります。この悪玉菌を倒して腸内の活動を活性化させて、身体にいろいろな良い影響を与えてくれます。たとえば、便秘の解消はその好例です。また、免疫力も向上しますので、インフルエンザといったウイルスにも強くなります。このように悪玉菌を排除してその増加を防止しつつ排除することで数を確実に減らしてくれます。乳製品や漬物などが苦手であればサプリメントを摂取することをおすすめします。これだと臭いや味を気にしません。