合格を勝ち取りたいあなたへ<競馬学校の試験を受けるなら注目>

受験の前にしておくべきこと【競馬学校への片道切符】

競馬学校の様子

競馬学校は特殊な学校と言え、実際に授業でどのようなことが行なわれているのか知っている人は少ないことでしょう。ですので、不安に思っているのなら学校で行なわれていることを念頭に置いておくのが得策です。

授業内容

  • 馬の世話
  • 馬小屋の掃除
  • 実技

合格を勝ち取りたいあなたへ<競馬学校の試験を受けるなら注目>

馬に乗る人

志望動機

競馬学校に行きたい理由として「馬が好きだから馬の世話をしたい」「騎手になって1位を独占したい」「自分で馬を飼育して最強の馬を生み出したい」などの志望動機を考えておくと良いでしょう。将来自分がこの業界で活躍することをイメージすれば自然と志望動機を見出すことができるので、自問自答をしてみるといいかもしれません。

知識

競馬学校の筆記試験では独自のテストを行なっているところもあるので、常識的なことだけではなく競馬場がある都道府県や馬の情報等について独学しておくと良いでしょう。他にも、現在話題になっているニュースやその内容についてどう考えているのかという変わった質問があることもあるので、毎朝テレビや新聞でニュースをチェックしておくべきです。

体力が必要

体力試験では実際に反復横跳びや垂直跳び、懸垂などをしなければならない場合があります。そして、競馬学校に入学してからも体力が必要となってくるので、中学や高校にいる時点でスポーツクラブや部活動に参加しておくと良いでしょう。そうすれば、いざ合格して授業に参加しても苦痛に思うことなく学校生活を送ることができます。

受験をした感想

2度目でも受験ができた

自分は1度試験に不合格になってしまったので、もう受験を受けることができないと思っていました。しかし、回数に関係なく受けることができたので、無事に合格することができました。諦めなくて良かったです。

未経験でも大丈夫だった

馬が好きなのですが乗馬経験が全くなかったので、合格するのは難しいだろうと悲観的になっていました。でも、乗馬の経験がなくも合格する見込みはあると聞いたので、チャレンジして正解だと実感しています。

体重には制限あり

身長はいくらあっても受かることができますが、体重には制限がありました。僕は痩せ身だったので、制限に引っかかることなく試験に挑むことができました。60㎏以上の方はダイエットをするべきです。